さよなら幽霊ちゃん_01(sugar.)

激推し作家sugar.氏の初単行本が出たよ。

↑書影!かわいかろうが。

この物語は3人の幽霊部員と1人の幽霊が涙あり笑いありの高校生ライフを満喫するドラマチック・サスペンスだ。いや嘘はついてねえ。たぶん。

 

まず絵をご覧。折角書影の出るAmazonのリンクを貼ったんだから穴が開くまでご覧。幽霊のゆうちゃん、ソリッドでミニマルなkawaiiを追求し続けてきたsugar.氏の現状での到達点と言えるめっかわゲロカワ鬼キュートキャラに仕上がっている事がこの1枚からも感じてもらえると思う。

このタイプじゃないkawaiiの引き出しも多いしそれは読んでいただければいっぱい浴びる事ができます。ワオワオって言っちゃうよ!マジで!

 

物語は主に(ここ20年で完全に確立されたと言ってもいい)(二次元版フルハウスないしやっぱり猫が好きとも言い換えられる)なんやカワイイ子らがわちゃわちゃ集ってしょーもない掛け合いを応酬するあのスタイルで進む。

元々テンポ早めの人だったんだけど本作では加速度が異常、ひとコマ内で4コマの起承転結ネタを圧縮コラージュしてオチがシームレスに次のコマに進む、みたいな有り様。忙しすぎて変な汁出てくる。と思いきや抜くトコではスッ……と抜いてきて慣性でブッ飛ばされる。笑いのジェットコースターって言葉があるけど、完全にアレです。

掛け合いのネタが「今日の天気」レベルに前提知識を要さない易しい笑いである事、オタク漫画ストリームの中では結構異常だと思う。ノリがすっごいだけでネタは万人向け。さてはこれオタク漫画じゃないな?(どうでしょう)(※ゲストの城田先輩のアレ除く)(あれは比較的ハイコンテクスト)

 

そんな日常が本当に楽しくて、これはそういう漫画なんだな……と思って気を楽に構えて読んでいると、死にます。もう一度言いますがこれはドラマチック・サスペンスです。だと俺は思う。

どうやら(どうやらというのは現時点でいまだ見えていないものがいっぱいある)この物語には伏せるべくして伏せた幾ばくかの真実があり、彼らは薄氷の上で日々を踊っている。それはゆうちゃんの実存のように荒唐無稽なものかもしれないし(何しろ彼女はマジの幽霊)、あるいは誰の幼年期にも訪れたようなありふれた危機なのかもしれない。

彼らは引きこもり気味で抱え込みがちなちょっと難儀な高校生だし、どうにも生徒を扱いかねてる新任教師にもおっかなびっくり見守られてるし、きっと何が起こってもおかしくないんだと思うよ。「そういう空気をしっかりと漂わせている」。

目が離せないんです。謎とか考察とか、そういう話ではなく、シンプルに「心配だから」。

 

作者は「謎解き」を趣味としており、趣味が高じてライフワークに片足突っ込みつつあります。SCRAP社(社?)のプロダクツを遊び倒し過ぎて目をつけられPR漫画をしばしば描かされててあれは面白いです。いずれガッチリ企画から噛んだ製品出るんじゃないかなー。

……何で今こんな事書いたかって?

隠れてるんですよ。たまに。

単純に構成がうまいというのはあり、今回単行本化に際し読み直した感じだと「あっこれ前の話の」みたいな驚きもあります。配置や配色、間違いなく漫画として「クレバー」で「読みやすい」。んで、そういうのじゃないダイレクトなやつが。うん。

これ以上は書けないというかこの項は書いた時点でネタバレみたいなモンなんですけど(この本には叙述トリックがあるよ!と喧伝するようなモンなので)、それでも「これは本筋ではない」し「スルーされるともったいない」ので、書いた。まあ帯に謎って書いてあるくらいだし、いいだろ。きっと。

 

御託を並べましたが要はヤバいので読んで。これはね。間違いのねえ漫画です。

どうやら芳文社の公式ページは配送無料のサービスが複数選べる親切設計なので好きな会社を選ぼう。↓

houbunsha.co.jp

銀座琥珀屋雑貨店 神様と縁結び(佐々木 匙)

 

www.kadokawa.co.jp

https://www.amazon.co.jp/dp/4041116406/

 

さささんこと佐々木匙先生の10ヶ月ぶりの新作が刊行されました。昔さささんの本が書店に並んでるの見るのが夢だったんだよな。もう4冊目だぜベイビー。すごいよ。未来って今さ。

 

どうも非スニーカーの角川文庫内でキャラクター小説というジャンルメイクがされているらしいんですけど、前作と今作はその一翼を担っており。

今作、どうにも愛くるしい善男善女達が時には荒事に揉まれ時には厄災に抗いする姿と生き様をめっちゃニコニコしながら延々眺めていられる、おっそろしいクオリティのラブコメに仕上がっています。たぶんラブコメでいいと思う。コメ……うん。コメいよね。きっとコメ。

 

深く語ると美味しいトコをネタバレしちゃうので語りませんが、まあまあ年上なのに人里一年生みたいな振る舞いで弓子(主役な)と読者を振り回すなんかデカくて顔のいいおっさん店員がいちいちキュートだしそれに仕える店主(店主ですが仕えてます)が狐目で常に丁寧語の胡散臭さ極まるザ・細目キャラ(このあと更に属性が増えます)でそんなんなのにいちいち繊細に立ち回り話を締めつつも俺を悶え転がしてきます、女性陣もまあまあおきゃんに造形された弓子を完全に食っちゃう爆発娘あり厄を背負って湿り気と儚さそして辛辣さを繰り出す地獄少女ありでもう大変に忙しゅうございます、色々とね、こう、知ってる人は知ってる作者のヘキをぶわーっと浴びてたらこれただのヘキじゃないな!?と泡食うしなんだかわけがわからなくなるし、ラブわよ。

 

nyah.hatenadiary.com

今作、実は前作と直接の繋がりがあり知っているとより楽しめる……という側面あるんですけど、知らなくても全然だいじょうぶです。今作を知ると前作がより味わい深い、と言った方がたぶん正確。

 

以下ちょっとだけネタバレ含む吐き出し。

続きを読む

水神様がお呼びです あやかし異類婚姻譚(佐々木 匙)

www.kadokawa.co.jp

さささんの完全新シリーズ新作が丸々一冊書き下ろしで刊行される報があり、ずっと心待ちにしていたわけですが。

めっちゃ良かった。

柔和な序文に驚いたあとに始まる女子主観の本文、この形式は長編では初めての試み?(がら猫は結構俯瞰混じりだったし)と二度驚きつつ。これ軽妙にぽこぽこ話が進んで、テイストはいつもの感じなのにテンポというか刻むステップが全然違う。新しい心地よさ。手法単位でこうも新しいモンが来ると思ってなかった。

 

じれったい幼なじみな2人の運命は!? 
クスッと笑えて優しく切ない、和風ラブファンタジー。”

このアオリ何じゃいって最初感じてたんですけど読んだあとだと「あー」ってなりますね。あらすじとして開示できる事ってこれくらいしかない。読み味を削いで内容だけ説明すればそうなっちゃうってのもあるし、これ以上は書いちゃ駄目ってのもある(書いちゃ駄目パートに関しては下に畳んでおきます)。

いろいろあってのラスト、ビターですね。あんな事も!そんな事も!書いちゃうんだ!という驚きもありつつ。まんぞく。お薦めできます。

続きを読む

きっかけがないと対話ができない

いろいろ思ってた事を伝えた。はにーの入退院以来新規に、あるいはようやく可視化されてきた事があったけど、全然言語化できてなくて、顕化しないままでわだかまりになって暴発していて、暴発した上でしょぼくれて、しょぼくれただけとはいえ一応の落ち着きがあり、ようやく触れられるようになって、語りかけがあって、会話になった。

何で毎回こういうプロセスを経ないと対話になんないんだろう。

 

今後どうすっかなあ。全部言って確かめりゃいいんだけどさ。それをちゃんとやれるかって話。